大阪府貝塚市の産婦人科「あかね・レディースクリニック」のブログ

心肺蘇生法研修を開催 「そばにいる自分にしか、救えない命を救うため」受講しました

2018年2月13日に貝塚市消防署のみなさんに、当クリニックにお越しいただき、心肺蘇生法実技研修を開催していただき、スタッフにて受講しました。
普段から、命が誕生する現場で仕事をしているとはいえ、医療機関ではないところで、緊急に対応するという場面は、そう多くありません。

日本では年間約7万人の方が心臓突然死で亡くなられているそうです。健康な人でも何かのきっかけで心臓突然死が起こる可能性があります。もしそこにAEDがあったら、その場にいる人たちが心臓マッサージ(胸骨圧迫)を行い、AEDを使うことで、助かる命があります。胸骨圧迫を行うことで2倍、AEDを使えばさらに2倍、助かる可能性が高くなるそうです。

 

心肺蘇生法研修の模様

▼スライドを使っての座学からスタート
心肺蘇生法座学

▼心臓マッサージ(胸骨圧迫)の実技、受付スタッフももちろん参加
心臓マッサージ(胸骨圧迫)

▼ベビーの心臓マッサージ(胸骨圧迫)を、再確認
ベビーの心臓マッサージ(胸骨圧迫)

▼AEDの使い方
AEDの使い方

▼ベビーちゃんの場合、AEDの使い方が少し変わります
ベビーのAED

 

受講してみて・・・

心臓マッサージや、AEDを使うシチュエーションというのは、日常生活のなかでそう多くありません。
だからこそ、「そばにいる自分にしか、救えない命を救うため」に、定期的にこのような講習を受講しておくことが大切だと実感しました。

関連記事

あかねイラスト

LINEで友達登録をお願いします。

友だち追加数